フルタイムで働く母の受験伴走雑記

2023年長男中学受験・2024年長女大学受験の伴走雑記

組分テストが迫っています【5年10月現在】

早稲田アカデミーの授業は2021年9月19日から対面授業が再開しました。早稲アカDUALは継続なので、オンラインを選択することも可能です。

*

9月のある週末、保護者会がオンラインで開催されました。校舎により違うのかもしれませんが、早稲田アカデミーの保護者会は土曜日に開催されるのが助かります。学校も、説明会が平日開催の学校は入学後の保護者会も平日開催なのかな〜などと思ってしまいます。

その保護者会で、具体的なコース(組)ごとの志望校レベルのお話がありました。我が家は、現状維持だった場合と今後成績が上昇した場合、それぞれの志望校があり、決めている目安が適切であることがわかりました。

学校説明会がオンラインや配信が主流になり、以前より幅広い学校の説明会を聞くことができています。オンラインとはいえ、やはり直接にお話を聞くと、当初はいいかなと思っていた学校に違和感を感じたり、その逆もあります。緊急事態宣言が明けて、対面の説明会や見学会を再開する学校も増えたので、再び予約合戦に参戦しています。

*

5年後期の通常授業開始後に、長男と“いまから一年半は、今まで以上に一生懸命勉強をしよう。どこの学校でも楽しい中高生活を送れると思うけど、後で後悔することだけはナシにしよう“と話しました。

その効果なのか、疲れて集中力が切れたときに“後1問だけやる““これだけは終わらせる““別の科目ならできる“などの粘り強さが出てきました。その姿を見て、5年生すごいなぁと感心する母なのでした。

*

きょうこ先生の“中学受験 必勝ノート術“を読んでいたら、隣から覗き込んだ長男が“(算数のNGノート)これ、オレの(ノート)だ“と言いました。そして“今のノート(方眼)は書きにくい。こういう(罫線)方がいい“というので、早速買いに走りました(文字通り、夜にコンビニ買いに行きました)。

数日の間、本書のOKノートの内容を確認しながら書いていたところ、ノートの書き方が見違えるようになり、すごい、大進歩!ノートの書き方は、中高はもちろん、大学でも社会人になっても力を発揮するので、今のうちに身につけて欲しいと願っています。その第一歩を踏み出せてとても嬉しいです。

NGノートとOKノートについては、きょうこ先生の他の書籍にも掲載されていますが、本書は他の教科についてもノートの具体的な作り方が載っているのが、素晴らしいです。国語と理科も実践したいのですが、まずは算数の他に社会から着手しました。社会の解き直しノートの作り方に迷っていたので大変参考になりました。わたしが試しに作ったら、すぐに(わたしの記憶に)定着したので、次は本人と一緒に作ろうと思っています。

 

 

オンライン授業が開始しました【5年9月現在】

早稲田アカデミーの集団授業は全面的にオンラインとなり、先日から開始しました。長男は前回4年生のオンライン授業では全く集中しておらず、本人も“ZOOMだとわかりにくいからヤダなぁ。学校がオンラインになって、早稲アカは対面なら良いのに…“と言っていましたが、当日の様子を見ていると、去年とは全く違います。さすが5年生。重要単元が続く5年後期のオンライン授業は不安が満載でしたが、この様子ならなんとかついていかれそうです。

なお通常授業の初日前夜に時間割を確認していたところ、“え?こんなに短くていいの?“と想定外の発言があり、母はびっくり。“だって夏期講習の理社ひとコマ分だよ?“という言葉に、子どもの適応力の凄さ、たくましさを痛感しました。夏期講習と夏期集中特訓を一日も休まずに乗り切り、ひとまわり成長したように感じます。

*

飛行機をきっかけに?、太平洋戦争時代に強い関心と興味を持ちはじめた長男。関連書籍も関連漫画も関連の新聞記事も読み、気がついたら近現代史にすっかり詳しくなっており、四科のまとめの第一次世界大戦〜戦後はノー勉強でほぼ正解してました。好きこそものの上手なれ。ただまずは縄文時代から理解を深めていただきたいものです。

*

7月後半から公私とも滅法慌ただしく、今日(9月5日)の組分テスト待機時間でようやくひと息。Twitterもしばらくログインすらしていなかったら、そのままほぼ卒業しました(たまにROM)が、伴走母は継続していますので、引き続きよろしくお願いします。

夏期集中特訓が終わりました【5年8月現在】

早稲田アカデミー名物の合宿はコロナ禍で中止になり、代わりに通いの夏期集中特訓が実施されました。通常講習より長時間にわたる授業、普段とは違う会場で普段とは違うメンバーと切磋琢磨する4日間。合宿と同様にハチマキが配られ、昼食と軽食が用意されます。昼食には噂の合格コロッケも登場したようです。

わたしも仕事の調整を重ねて送迎をがんばり、親子で乗り切った集中特訓でした。

夏期講習が開始してからの長男は、夜の勉強タイムには宿題連絡帳を見ながら自らやるべき内容を決めて取り組み、夏期集中特訓の間も翌日の小テストに向けた勉強を(短時間ですが)していました。だいぶ自覚が生まれているようです。

*

前回嘆いた学校説明会の予約は、予約受付開始時間ダッシュが一番有効だとわかったあとは順調に予約を取れるようになりました。6〜7月に偏差値帯、共学/男子校、附属校/非付属校とかなり幅広く一気に見たので、だいぶ様子は把握できました。直接見学に行きたいなと思う学校がいくつかあるので、タイミングを見計らって見学をできると良いなと思っています。

 

学校説明会の予約が取れません【5年5月現在】

気がつけば前回の更新から3ヶ月が経過してしまいました。この間もテスト受けて、春季講習に参加して、長男の勉強姿勢が変わって、と色々あったのですが、今日は学校説明会と志望校について。

いやはや、学校説明会の予約がまーーーーーーーーーーーーーーーーーったく取れません。

去年はオンライン主流だったのでむしろいくつか参加(視聴)できたのですが、今年は人数を減らして来校型説明会が主流になり、大変にありがたいのですが取れません。

そんなに人気校ではないはず(失礼)の併願候補校ですら、開始数時間後に慌ててログインしたときにはすでに受付終了。人気校は数秒後に満席。唯一取れた併願候補校の説明会は延期になってしまいました。せっかく仕事の休みを確保したのですが…。

今後はにゃち先輩のこちらのエントリを参考に複数体制で臨みます。

sapi.hatenablog.com

 

2018年中学受験をした長女の際は、模試のときに行われる説明会を含めて志望校の説明会は毎回のように足を運び、受験前から先生方と顔見知りになっていたほどだったのに、と思うと隔世の感があります。それでも我が家は2023年だからまだ機会はあると信じていますが、2021年受験終了の皆さまや2022年受験の皆さまのご苦労はいかほどかと考えただけでクラクラします。

***

4月の初めに早稲田アカデミーから提出を求められた“生徒カルテ“の“目標校“を記載するに際して、現時点の情報をもとに受験日程にもとづく受験校を仮組みしてみました。

長男の第一志望校は、2年生のときに文化祭に足を運んだ某男子校。この文化祭で本人が“ボク、ここに来たい!“と言ったことから、長男も中学受験をすることが決まりました。この学校の説明会に3年生までのうちに両親ともに参加していたことは、当時は誰も予想していなかったコロナ禍の現状では実に幸いでした。

この第一志望校を軸に、1月受験校を含めて併願校をスケジューリングしてみたところ、大枠は決まってしまいました。まずはこのスケジュールで想定している受験校を優先的に足を運び始めています。校門の前まで行って外観だけでも確認するだけですが、少なくとも次回来るときに迷わなくて済みます(笑)

 

説明会に行かれても行かれなくても2023年2月1日まで残り638日。悔いのない日々を過ごそうね、長男。

 

 ↓わたしの愛読書。2021年度用も持っているので、3年連続で買い換えるのかな、わたし。

首都圏版 中学受験案内 2022年度用

首都圏版 中学受験案内 2022年度用

 

 ※アフィリエイトとは無縁のブログです。

カリキュラムテスト5年上1〜2回と当面の課題【5年2月現在】

2021年2月13日はカリキュラムテスト(5年上1〜2回)がありました。11日の祝日はあったもののその週に第2回の授業が行われたばかりで、当日はわたしが仕事で不在だったため、長男はほぼスッピンでテストに向かいました。

結果は予想以上に健闘していたので、お気持ち至上主義な長男はリラックスしていたのがかえってよかったのかもしれません。偏差値は、理科>=社会>国語>算数で、理科は相変わらず得意、社会は安定、算数は演習量が足りていなかった印象です。国語はよく書けていました。組分けテストで国語が書けない傾向があるので、先生からは“時間が足りないのでは?“と言われましたが、おそらく途中で面倒くさくなるのでは?という疑惑を母は抱いています。

カリキュラムテストの後には算数の解説授業があるので、算数だけは自己採点を終えて帰宅します。夜に間違えた問題を再度解き、翌日にもしつこく解き直しました。

なお予習シリーズ5年上第3回は、算数が多角形の性質、理科は空気や水の温度による変化、社会が工業(1)となっています。

***

当面の課題と実践状況を記録してみます。

■当事者意識を持つ

 … 4年の後半から少しずつ芽生えてきました。

■字を丁寧に書く

 …4年12月頃から突然丁寧になりました。

■解き直しをする

 …4年の秋以降に算数と理科を中心に、テスト直しだけでなく日常の演習の直しを行うようになりました。5年になり通塾日数が増えたことで時間が取れなくなっているので、早急に週間計画のなかで確保しなくてはなりません。

■毎朝の計算

 …新5年2月から開始し、毎日続いています。

□毎朝の漢字

 …週1回実行できているので、毎日やるようになってほしいな。

□質問をする

 …家庭学習で解説を読んでもわからない場合は塾で先生に質問をして来て欲しいです(前塾では質問教室に参加していたのでできるはず!)。

■途中式を書く

 …新5年になってから、書くようになりました。

□暗記タイムを確保する

 …隙間時間に組み込みたいです。

□授業のノートを書く

 …前塾では授業ノートを書いていたのですが、早稲田アカデミーにきてからさっぱり取らなくなりました(なぜ〜?)。当面のポイントはコレ。本人にヒアリングをしたところ、書くタイミングがわからないようです。授業の進め方などは親には把握できないため、先生に相談してみようと思います。

 

2023年2月1日まで残り714日。悔いのない日々を過ごそうね、長男。

 

 

↓塾の授業用ノートの書き方が説明されている参考文献を探して、この本を見つけました。長男と書き方を確認していこうと思います。 

↓科目ごとのノートの見本はこちらの書籍が参考になります。

 ↓こちらの書籍も気になっています。

 

新5年の授業が開始しました【5年2月現在】

今週から正式な新5年の授業が開始しました。通塾は17時00分〜20時30分×週3日+隔週でカリキュラムテストと解説授業+約5週に1回の組分テストという構成になります。

学校から帰宅後の長男は、用意しておいた軽食を食べ、学校の宿題を終えてから校舎に向かったようです。授業後の長男は意外にけろりとしており、“お腹すいた〜“と。帰宅後に再度夕食を食べて入浴後、今日の授業の復習(算数は授業の内容をわたしが教えてもらう/国語は音読)と次回の授業の予習(理科と社会の予習シリーズを図版を中心にサラッと確認)を済ませて、大好きなルパン3世(第2シリーズ)を半分だけ見て、就寝しました。塾のある日はゲームをする間もなく、充実の毎日になりそうな予感(笑)

予習シリーズ5年上第2回の単元は、算数が平均、理科は天気、社会は地下資源と電力です。電力の内容に既視感がありました。

***

長男は現時点の志望校が明確なので、もちろん志望校へ合格することは大きな目標ですが、中学受験の勉強を通して、勉強は世界への扉であることを知り学ぶ楽しさを実感すること、将来にわたる知識の基盤を取得すること、そして“目標と現状の差異を見極め(課題の認識)、現実的にどう現状を目標に近づけるか(課題改善策の実行)“という力を身につけてほしいと願っています。

その目標を再確認し、2月から変更したこと。

  1. スケジュールを一緒に組むこと。←これまではわたしが作成していました。
  2. 翌日のタスクを一緒に考えて、本人がノートにリストアップすること。←同上
  3. 朝勉を習慣化できたこと。計算を行っています。漢字も追加するのが理想です。
  4. 学校から帰宅後は学校の宿題を先に終わらせること。
  5. 日々のルーチンに音読を追加したこと(現在のルーチン=計算・漢字・音読)。

 

2023年2月1日まで722日。悔いのない日々を過ごそうね、長男。

 

 ↓長女と自分のために購入したら、長男が読んでました。

資本論

資本論

 
罪と罰

罪と罰

 

 

4年生のカリキュラムが終了しました【4年1月現在】

…と思ったら間髪入れずに新5年のカリキュラムが開始しました。

2021年1月24日の新小5年に向けた組分けテストを終えて、4年生のカリキュラムが終了。2月第2週までの2週間の空白期間に4年生の苦手単元を復習しようと目論んでいたら、いきなり新5年の通常授業が開始してしまいました。2月第1週は通常授業はありませんが、その分宿題が(涙)

授業時間は半分で、テキストも一部は間に合わずコピーでの配布。社会の先生が“さすがに全部は無理だ“と言ったとか。大人目線だとなんとなく中途半端な新学年の開始に思えますが、子どもたちにとってはむしろ自然に移行できたようなので深い配慮だったのかもしれません。何の抵抗もなく新5年の宿題を開始した長男、我が子ながらエライ。

予習シリーズ5年上の第1回の単元は、算数が約数と倍数、国語が説明文と文の構造(と言うのか)、理科が気象の観測、社会が水産業でした。

***

今回の組分テストで、マネジャーとしてのわたしが内心で持っていた4年次での到達目標(数値的な目標と非数値的な目標)を無事にクリアしました。秋〜冬頃から少しずつ勉強に向かう姿勢が変わってきて、努力が成果に現れるようになっていましたが、その努力を実力として発揮できた長男に何よりの拍手を送りたいです。

正直なところ、ここで結果が出ない場合には自分のマネジメントが通用しない証になるので、自分で自分をクビにするようかなと、その場合どうしようかとガクブルしながら頭を悩ませていましたが、自分の首の皮も繋がったようです。

組分けテストに行く道中では、“早く帰りたい“とつぶやいていた長男でしたが、終了して出てきたときにはしっかりとしたよい表情をしており、成長を感じました。

なおテストの結果(偏差値)は、1月16日のカリキュラムテストが理科>算数>国語=社会、24日の組分テストが算数>=理科>社会>国語の順でした。理科と算数を維持・向上しつつ、社会の暗記を確実にし、国語の読解力をもう少し強化できるように取り組みます(言うは易し、行うは難しですが)。

 

 ↓この本の内容をマスターしてくれれば読解力は確実につきそうですが、まだ読んでくれません(涙)